日本でも多くの女性が行うようになってきたVIO脱毛。

すでに済ませて、スッキリしている女性も多いと思います。
しかし、じつはそのあとでいくつか気になる意見も聞かれることがあります。

それが、デリケートゾーンの色素沈着。
いわゆる黒ずみですね。

せっかくVIO脱毛を行っても、これでは人前で見せることができません。
実際に、VIO脱毛をすることで色素沈着は起こってしまうのか。
そして、起きる場合にはどのような対策を取ればよいのか。

さまざまな点から、VIO脱毛の色素沈着について調べてみました。

脱毛をしたことで色素沈着が起こることはない

VIO脱毛を行ったあとに、黒ずみが気になるという女性は意外と多いようです。

もし、それが本当だとすれば、これから始めようという人には不安ですよね。

でも、結論から先に言ってしまうと、VIO脱毛が直接的な原因となって色素沈着が起こることはありません。

ではなぜ、そのようなトラブルが起こってしまうのでしょうか。

もともと行っていた自己処理が原因になることも

これまでに、VIOラインの自己処理を行ってきた経験はないでしょうか。

シェービングやワックスなどによる脱毛は、目に見えないレベルで皮膚に大きなダメージをあたえています。
すると、皮膚を刺激から守ろうとして、黒い色素のメラニンがより多く作られるようになります。

日焼けなどと同じ理屈ですね。これが、黒ずみの原因になってしまうことがあります。

また、肌がダメージを受けると、新陳代謝もはたらきにくくなってしまいます。
もともと、デリケートゾーンの肌というのは、ほかの部分とくらべてターンオーバーの周期が遅くなっています。

そのため、古い角質が残って色素沈着となってしまうのです。

VIO脱毛を行ったあとに黒ずみが目立つようになったという人は、もともとあった色素沈着が、VIO脱毛を行うことで、よけい目立つようになってしまったということも考えられます。

肌トラブルは、一度起こってしまうと積み重なって、なかなか治すことができません。

現在、VIOラインを自己処理しているという方は、できるだけ早くプロにまかせたほうがよいでしょう。

締め付けの強い下着も原因のひとつ

VIO脱毛をすると、人目を気にせずに、自分の好きなおしゃれでかわいい下着を選ぶことができるようになりますよね。

でも、じつはここにも落とし穴があるので注意してください。

あまり締め付けの強いものばかりを選んでいると、ビキニラインへの食い込みや摩擦によって、肌にダメージをあたえてしまうからです。

特にVIO脱毛を行ったあとは、それまでクッションとなっていたアンダーヘアがなくなっているので、よけいにダメージも受けやすくなっています。

ほかにも、締め付けのつよいジーンズやストッキングにも気をつけてください。

もし黒ずみが気になったらどんな対策をすればよい?

デリケートゾーンの色素沈着は、なかなか自分では気づきにくい部分です。

それでも、海や温泉など、人前で肌を見せる機会があると、思いのほか目立ってしまうこともありますよね。

VIO脱毛を行うと、もともとアンダーヘアに隠れていた部分がはっきり見えてしまうので、よけいに恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

もしも、VIO脱毛を受けたあとに色素沈着に気づいてしまったときには、どのようにすればよいのでしょうか。

サロンやクリニックでアドバイスを聞く

もっともおすすめしたいのが、まずは施術を受けたサロンやクリニックで相談する、ということです。

基本的に、黒ずみの原因となってしまう肌への刺激は、自己処理によって起こることがほとんどです。

その点、サロンやクリニックではとにかく肌にダメージをあたえない、ということを最優先にしています。
スタッフもプロなので、そのような処理にはとてもくわしい知識を持っています。

また、アフターケアのサービスや、色素沈着を解消するための商品もあつかっていることも多いので、アドバイスを聞くだけでも十分に参考になるでしょう。

専用のクリームで保湿ケアをする

サロンなどで施術を受けると、かならず肌の保湿についてのアドバイスがあると思います。

できるかぎり最小限に抑えているといっても、やはり脱毛サロンでもまったく肌に刺激をあたえずに脱毛を行うことはできません。
そこで、肌の大敵となる乾燥を防ぐことが重要になってくるのです。

自宅で保湿ケアを行うには、美白クリームなどを使いましょう。

ただし、VIOラインはとても肌がデリケートなので、かならず刺激の少ない専用のものを選ぶようにしてください。

なかでも、新陳代謝をうながすレチノイン酸と、メラニンの生成を抑えるハイドロキノンが配合されているものを選ぶと、かなり効果が見られると思います。

以下に、おすすめの商品を紹介します。

イビサクリーム

イビサクリームは、脱毛サロンのプロが色素沈着をケアするために開発した専用のクリームです。

使い方はとても簡単で、朝と夜にそれぞれわずかな量を塗るだけ。
これだけで、たっぷりふくまれた植物成分と保湿成分が肌のうるおいをキープして、黒ずみを解消してくれます。

コストパフォーマンスもよく、もし効果がなかったときは28日間の返金保証を受けられるので、はじめてでも安心して購入することができます。

ヴィエルホワイト

ヴェイルホワイトは、エッセンスタイプの色素沈着ケア用品です。

美白成分と保湿成分がたっぷりふくまれていて、とても効果的。
デリケートゾーンだから、気になるベタつきをおさえた美容液ジェルで快適に使えます。
プッシュタイプなので、衛生的に使える配慮もうれしいですね。

初回限定で半額以下の980円で購入できるので、気軽に試すことができます。

ハーバルラビット

ハーバルラビットは、デリケートゾーン専用のケアクリームです。

メラニン色素の生成をおさえる水溶性プラセンタエキスを配合して、黒ずみの原因をもとから断ってくれます。

多くのモデルに愛用されている点も信頼できますね。

毎月最大40%OFFのキャンペーンを行っていて、60日間の返金保証もあるので、じっくり試してみることができます。

肌にやさしい下着を選ぶ

VIO脱毛を行ったばかりの人は、下着選びにも気をつけてください。

今はまだ黒ずみがなくても、アンダーヘアがなくなったことで、VIOラインに直接刺激をあたえて色素沈着を起こす可能性もあります。

ふだん着用するものは、あまり締め付けの強くない、肌にやさしい素材のものを選ぶようにしましょう。

以下に、おすすめの下着を紹介します。

コットンショーツ

何といっても、肌にやさしい素材といえばコットンです。
一般的なナイロンの素材は特に肌に刺激が強いので、着用している人は気をつけてください。

また、デリケートゾーンで黒ずみとともに気になるのが蒸れです。
コットンは通気性にもすぐれた素材なので、衛生的にもおすすめです。

ボクサーパンツ

最近、女性の間でも人気となっているボクサーパンツ。

ボクサーパンツはVIOラインにゴムなどが当たらないので、黒ずみの原因になりにくい下着です。
もちろん、コットン素材のものもあるので、そちらを選ぶとさらに効果的でしょう。

ボクサーパンツというと抵抗がある人もいるかもしれませんが、今は女性用のかわいらしいデザインのものも多く作られています。

石鹸はデリケートゾーン専用のものを使う

夏場になると、毛穴が汗や皮脂などで汚れ、それが色素沈着につながることもあります。

特にVIO脱毛を行ったあとは、毛穴が開きがちで詰まりやすいので、清潔に保つことが必要です。

ただし、一般的なボディーソープは洗浄力が強いので、むしろ刺激をあたえることになってしまいます。
デリケートゾーン専用に作られた、天然成分や弱酸性の石鹸で、やさしく洗うようにすることが大切です。

食事のバランスに気をつける

黒ずみの原因となるメラニンは、食生活によって抑えることもできます。

なかでも重要な栄養素が、ビタミンCです。
ピーマンやブロッコリー、キャベツ、アセロラなど、ビタミンCの豊富な野菜を意識的に取り入れるとよいでしょう。

サプリメントなどで補助しながら、体の内側からのケアにも気をつけましょう。

色素沈着を起こさないようにするには自己管理が大切

いかがだったでしょうか。

VIO脱毛自体が肌の黒ずみを生むわけではないことは、理解していただけたと思います。

問題なのは、脱毛処理の前後に行うケアです。
しっかり毎日正しいケアを行っていれば、違和感のない、きれいなデリケートゾーンを保つことができるはずです。

せっかくきれいになるためにVIO脱毛を行うのだから、脱毛以外の部分でもしっかり対策を行っておきましょう。