なかなか人に言えない悩みとして、デリケートゾーンの臭いに悩まされている女性もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが、VIO脱毛です。

VIO脱毛を行うと、デリケートゾーンの臭いが解消される、という話を聞いたことがありませんか。

その一方で、VIO脱毛をしたらかえって臭いがひどくなってしまった、という話を聞いたことがあると思います。

これから始めようと思っている人には、どちらも気になる話ですよね。

では、実際にはどうなっているのでしょうか。
ここでは、その原因と対策について、くわしく見ていきたいと思います。

デリケートゾーンの臭いはどうして発生するのか

そもそも、なぜデリケートゾーンでは臭いが気になってしまうのでしょうか。

意外と知られていませんが、じつはデリケートゾーンには、ワキと同じようにアポクリン汗腺が多くあります。

アポクリン汗腺から出る汗には、タンパク質や脂質、そしてアンモニアや尿素などがふくまれていて、それ自体が臭いのもととなっています。
さらに、皮膚の常在菌が汗と脂質を分解することで、ワキガの原因となる臭いを作り出してしまいます。

デリケートゾーンの臭いのことを、スソワキガともいいますが、臭いの発生はまったく同じ仕組みなのですね。

ほかにも、女性の場合はおりものなどの分泌物も原因のひとつとなっています。

VIO脱毛をするとどうしてにおいが改善するの?

このような、汗やおりものなどが臭いの原因だとして、ではなぜそれがVIO脱毛によって改善されるのでしょうか。

それには、次のような理由が考えられます。

汗自体をあまりかかなくなる

もともと、アンダーヘアにはデリケートゾーンの湿度を保つという役割があります。

しかし、現代人は下着を履くようになったため、その役割が無駄になっていると考えられています。
通気性が悪くなることで、かえって蒸れを引き起こすといった悪影響もあります。

特に最近ではどこでも暖房が効いているので、そのリスクには一年中さらされることになります。

先ほども言ったように、アポクリン汗腺から分泌される汗は、臭いの元となります。
VIO脱毛をすると、蒸れが解消されることで、それを防ぐことができるようになるわけです。

アンダーヘアの汚れ自体がなくなる

アンダーヘアがあると、排泄物や分泌物などが付着しやすくなります。

特にデリケートゾーンでは、ほかの部分よりも密集して毛が生えています。
ビデなどで洗ったつもりでも、しっかり汚れを落とせていないこともよくあります。

自宅で入浴するまでは、その汚れが付着したままという状態もめずらしくないですよ。

VIO脱毛を行えば、このような汚れ自体の臭いを減らすことができます。

また、このような汚れも雑菌が繁殖する原因になるので、それを防ぐという意味もあります。

レーザー治療でアポクリン汗腺のはたらきを弱める

ワキガなどでは、治療にレーザーを用いることがあります。

レーザーを照射することで、アポクリン汗腺のはたらき自体を弱めてしまうわけです。

じつは、レーザー脱毛ではこの原理がほとんど同じ機器が用いられています。
そのため、皮膚にダメージをあたえることなく、毛根と同時にアポクリン汗腺を弱らせる効果もあるのです。

もちろん、あくまで脱毛が目的なので、出力などに大きな違いがあります。

それでも、一定の効果が期待できるのは間違いないでしょう。

VIO脱毛をしてもにおいが改善されないのはどうして?

VIO脱毛をすることで、デリケートゾーンの臭いを改善する効果があることは分かっていただけだと思います。

ところが、実際に脱毛を体験した人のなかには、かえって臭いがひどくなったという意見が見られることもあります。

なぜ、このようなことが起こってしまうのでしょうか。

VIO脱毛を行うと毛穴に汚れがたまりやすくなる

VIO脱毛というのは、レーザーやフラッシュでヘアを毛根から焼き切ってしまう方法です。
そのため、脱毛したあとは毛穴が空っぽになってしまいます。

すると、そこに皮脂や分泌物などの汚れがたまりやすくなってしまうこともあるのです。

また、汗を抑えるフタがなくなったり、汗腺が刺激されたりすることで、より汗をかきやすくなるケースもあります。

特に、脱毛を終えたばかりの毛穴が開いている時期には注意が必要です。
脱毛による刺激で肌も敏感になっているので、しっかりケアを行うようにしましょう。

肝臓のはたらきがおとろえている

じつは、デリケートゾーンの臭いというのは、汚れだけが原因になっているわけではありません。

たとえば、ストレスの多い状態や不規則な生活だと、どうしても内臓のはたらきがおとろえてきてしまいます。

すると、肝臓によるアンモニアの分解がうまく行われず、それがやがて汗となって排出されてしまいます。

ただ清潔にしていれば、それだけで臭いを防げるわけでもないのですね。

においを防ぐにはVIO脱毛を行ったあとのケアが大切

VIO脱毛さえすれば、それだけでかならず臭いが改善されるわけではありません。

その後も清潔を保つなど、正しいケアを行うことでさらに効果的になるので、ぜひその方法をおぼえておいてください。

デリケートゾーンの臭いを解消するための方法

VIO脱毛をしたあとでも臭いが発生するのは、おもに毛穴の汚れが原因となっていることが分かりました。

では、この汚れはどのようにして解消すればよいのでしょうか。

デリケートゾーン専用の石鹸で洗う

これは、もともとデリケートゾーンの臭いに悩まされている人にもおすすめの方法です。

臭いが気になるからと、ゴシゴシ強く洗っている人も多いと思いますが、それは逆効果です。

もともと、デリケートゾーンには臭いを抑えてくれる良い細菌も存在しています。
ところが、一般的なボディーソープだと、その細菌まで殺してしまうので、かえって臭いがひどくなってしまうこともあるのです。

また、肌自体に刺激をあたえることもよくありません。

デリケートゾーン専用の石鹸は、多くの商品が販売されています。

なかでももっともおすすめしたいのが「フロプリー」です。
臭いを香りでごまかすだけではなく、実際に消臭効果のある薬用成分を配合。
さらに、疲れなどで発生するアンモニア臭を抑えるための、サプリがセットになっているのもうれしいところ。

ほかにも、ハーブなどの天然成分で安心して使用できる「ジャムウ・ハーバルソープ」や、そのジェル版の「ロンタルハーバルジェルソープ」。
また、ポンプ式で便利な「コラージュフルフル泡石鹸」などもおすすめです。

通気性のいい下着を選ぶ

蒸れの原因となる下着選びも、VIO脱毛後のケアでは重要です。

どんなにおしゃれでかわいい下着だからといっても、通気性が悪いものを選んでしまっては、臭いで台無しになってしまいます。

わざわざ高いものを選ぶ必要はありませんが、とにかく通気性がしっかり確保されているものを選ぶようにしましょう。

特に、化学繊維などは通気性がよくないので、コットン素材のものが肌にもやさしく、おすすめです。

また、生理中にはナプキンをこまめに取り替えるといった注意も必要です。

体の内側からにおいの元をなくす

デリケートゾーンの臭いは、体の内側から出てくることもあります。

これを防ぐには、できるだけ規則正しい生活リズムで、ストレスを溜め込まないようにすることが大切です。
それが、ホルモンバランスをととのえて、内臓をしっかりはたらかせることにつながります。

特に、肉料理が好きで、動物性脂肪を多く摂取している人は気をつけてください。

デリケートゾーンも、腸内と同じように善玉菌を増やすことが大切です。

野菜などで食物繊維やビフィズス菌を多く取り、食生活からも臭いの改善に取り組んでみましょう。

どうしても忙しくてうまく栄養管理ができないという人は、サプリを使用するのもおすすめです。

VIO脱毛で気になるにおいが改善することも!

いかがだったでしょうか。

VIO脱毛をすることで、デリケートゾーンの臭いを解消することもあるようです。
なかには、それを最大の目的として行う女性も意外と多いようです。

アポクリン汗腺は、特にIラインとOラインに多いので、ツルツルにするのは抵抗があるという人は、Vラインだけ残しても臭い対策では問題ありません。

ただし、お伝えしてきたように、そのあともしっかりケアを行わなければ、せっかくの脱毛も意味がなくなってしまうこともあります。

正しいケアを行って、気持ちよく臭いの悩みから開放されましょう。