デリケートゾーンのムダ毛をキレイにしたい!と思ったことのある方なら、一度はVIO脱毛を考えたことがあるのではないでしょうか。

VIO脱毛は今や一般的になってきて、施術のできるサロンやクリニックも多くあります。
プロに任せればキレイに脱毛してくれますが、どうしてもネックになるのがスタッフにデリケートゾーンを見せなければいけないということ。

明るいところで見知らぬ人にVIOを見せるなんて、抵抗感を感じるのは当たり前です。

でも「恥ずかしいから」といって自宅でカミソリを使い自己処理をすると、毛の黒いボツボツが残るうえ、毛先がとがってチクチクしたり下着を突き抜けてしまったりして、キレイとは言えない仕上がりになってしまいます。

そこでオススメしたいのが自宅でできるセルフ脱毛です。
今回は、セルフ脱毛のやり方やおすすめの家庭用脱毛器について紹介します。

サロンやクリニックでの施術はムリ!と思っている人は、ぜひこの記事を参考にして実践してみてください。

自宅でVIO脱毛をするなら家庭用脱毛器で!

自宅でキレイにVIO処理をするには、家庭脱毛器を使用すると良いでしょう。
家庭用脱毛機は、脱毛サロンなどで使用されている光脱毛と同じように、毛の黒い色素(メラニン)に反応する光を当てて毛にダメージを与えて処理します。

繰り返し照射していくことで、じょじょにアンダーヘアの生えるスピードが遅くなり毛量も少なくなってきます。
シェービングとは違い肌に刃をあてるわけではなく施術頻度も少なくすむので、長期的に考えると肌に負担をかけずにツルツルになる方法として適しています。

ブラジリアンワックス、クリームは肌ダメージに

セルフ脱毛の方法として、ブラジリアンワックスや除毛クリームを使用する手段もありますが、これらはあまりオススメできません。
そもそもどちらも一時的に“除毛”しているだけで脱毛施術をしているわけではないので、永続的な効果は見込めないのです。

それだけでなく、ワックスやクリームは肌ダメージに対する懸念もあります。

ブラジリアンワックスはいっぺんに毛抜きを使ってムダ毛処理しているのと一緒なので、埋没毛になるだけでなく、悪化すれば毛穴が膿んでしまう毛嚢炎(もうのうえん)を引き起こす可能性もあります。

除毛クリームは毛を溶かすために強い薬品を使用しているため、肌に優しいクリームだとしてもかぶれたり炎症を起こしてしまうこともあります。

除毛クリームについての詳細はコチラをご覧下さい。

セルフ脱毛のメリット・デメリットとは

サロンのような脱毛を自宅でできる家庭用脱毛器。
それには家庭用ならではのメリット・デメリットがあります。

セルフ脱毛のメリット

自分でやるから恥ずかしくない

自分でやる脱毛なので、当然他人にVIOを見られる恥ずかしさからは解放されます
デリケートゾーンのニオイが気になる、黒ずみがある、剛毛・毛量が多いなどで悩んでいたとしても、スタッフの顔色を気にする必要はありません。

また、スタッフとの相性やお店の雰囲気についても気にする必要がなく、ストレスフリーに施術ができます。

好きな時に、複数人でも脱毛ができる

VIO脱毛は人気の高い部位なので、お店が埋まっていてなかなか予約が取れないことが多くあります。
忙しい人にとっては、予約が取れる時間にスケジュールを空けるのが難しく、いつまでたっても施術ができない…なんてことも。

その点、セルフ脱毛は自宅でできるので昼夜問わず自分が空いている時にすぐ脱毛ができます。

脱毛料金が安くすむ

セルフ脱毛は、脱毛器を購入すればあとは無料で施術ができます。
行くたびにお金がかかるサロンやクリニックと比べると、割安に脱毛ができるでしょう。
家族や恋人などほかの人ともシェアできますので、みんなで一台を使えばさらに費用を浮かすこともできます。

また、サロン・クリニックのプランによっては回数制にして数が余ってしまったり、脱毛し放題にしたけど行けなくなってしまったといった場合、ムダな出費がかさんでしまうことがあります。
セルフ脱毛ならば必要な脱毛器を買うだけなので、ムダを防ぐ事もできるでしょう。

セルフ脱毛のデメリット

肌トラブルを起こすリスクがある

経験者でないかぎりは、脱毛器の扱いに慣れていないので、照射ミスをして火傷や炎症を起こしてしまうことも考えられます。
実際のサロンやクリニックのスタッフは研修などで訓練されているので、的確に照射し施術前後の肌ケアもしっかりしてくれます。

また本来ならばお店でストップがかかる肌環境だったとしても、自分の判断で脱毛が出来てしまうのでより肌荒れが悪化してしまうこともあります。
自由に脱毛できるとはいえ、使用する際は肌の状態をみて使用するようにしましょう。

自分の手が届かない部分の施術ができない

自分で脱毛するので、自分の手の届きにくいうなじや背中、Iライン、Oラインの脱毛は施術が難しくなります。
もし頼める人がいるなら、自分の手の届きにくい範囲はほかの人に任せた方が安心です。

脱毛したいと思っている人と家庭用脱毛器をシェアして、お互いに届かない部分を照射し合うようにしてみても良いかもしれませんね。

オススメの家庭用脱毛器3選

では、実際VIO脱毛にオススメの家庭用脱毛器を紹介します。
選ぶときに気をつけたいポイントは以下の通りです。

  • VIOに使用できる脱毛器であること
  • 出力レベルが細かく調節できること
  • カートリッジの交換ができ、照射回数が多いこと
  • 一回あたりの価格が安いこと

商品を見極めるうえで、以上の条件は押さえておきたい部分です。
それでは、これらをふまえてオススメできる脱毛機についてお知らせします。

ケノン(ke-non)

価格 98,000円(税込) → キャンペーン価格69,800円(税込)
付属品 プレミアムカートリッジ
スキンケア(美顔)カートリッジ
ストロングカートリッジ(レビュー特典)
まゆ毛脱毛器
照射範囲 【プレミアム】20mm×35mm【美顔/ストロング】15mm×30mm
最大照射回数 【プレミアム】100万発【美顔】10万発【ストロング】8万5714発
出力レベル 10段階(IPL光)
購入方法 ≫≫ケノンの公式サイト

ケノンは家庭用脱毛器としては定番で、人気の高い商品です。
ケノンの脱毛器は今限定のキャンペーンを利用するとカートリッジが3つもついてきます。

VIOのような剛毛の処理には、レビューする特典でついてくるストロングカートリッジがオススメ。
ただしIOラインについては推奨していないので、自己責任となります。

ラヴィ(LAVIE)

価格 【基本セット】39,800円(税別)
【美顔セット】43,800円(税別)
【オールインワンセット】48,300円(税別)
付属品 (全セット共通)脱毛カートリッジ
【美顔セット】+美顔カートリッジ
【オールインワンセット】+美顔カートリッジ、スリムカートリッジ
照射範囲 7.4cm2
最大照射回数 10万発
出力レベル 7段階(IPL光)
購入方法 ≫≫ラヴィの公式サイト

ラヴィは3つのカートリッジがつく「オールインワンセット」を購入しても、ケノンよりも17,000円近く安く購入ができます。
またラヴィは30日間の返金保証もついているので、万が一肌に合わなかったという場合でも安心できます。

ただ、ケノンよりも最大照射回数が少ないので、長期間使い続けたいならケノンを購入したほうがコスパがいいでしょう。

ツーピーエス(2ps)

価格 【オールインワンセット】46,112円(税別)
【パーフェクトケアセット】49,815円(税別)
※クーポン利用でどちらも6,000円割引可能
付属品 【オールインワンセット】脱毛カートリッジ
【パーフェクトケアセット】脱毛カートリッジ+美顔カートリッジ
照射範囲 6.51cm2
最大照射回数 13万2,000発
出力レベル 8段階(IPL光)
購入方法 ≫≫ツーピーエスの公式サイト

ツーピーエスのクーポンを利用すると、価格帯はラヴィと大体同じくらいです。
ラヴィよりも照射面積は狭いですが、照射回数は多くなっています。

また、ツーピーエスは公式にVIOへ使用ができるとしているので、安心して施術できますね。

プロの脱毛に興味を持ったら体験してみよう!

家庭用脱毛器を使用すれば自分でVIO脱毛もできますが、「自分でやるのは少し面倒くさそう…」という感想をもった方もいるのではないでしょうか。

その場合は、一度プロの手やその効果を体験してみることをオススメします。

恥ずかしささえ克服できれば、ただ寝ているだけで施術が進んでいくのでとても楽だと感じるはずです。
ここでは、VIOの体験プランが安いサロン・クリニックをお伝えします。

まずはVラインだけ試したいならミュゼ

「VIO脱毛はしたいけど、まずはVラインの脱毛だけにして様子を見たい!」という方におすすめなのがミュゼです。
ミュゼは月ごとに超破格のキャンペーンがあるので、サロンデビューにおすすめです。

Vライン・わき脱毛し放題でなんと580円!

7月のキャンペーンでは、全身の3カ所の施術を580円でできるキャンペーンを実施しています。
基本的には各部位一回の施術ですが、Vラインとわきを選ぶと何度でも通うことができるのです。

「そんな安くてイイの?」と感じるような値段ですが、良いといっているものは良いのでしょう!

おまけにハーゲンダッツのミニカップギフト券を2つもらえるので、熱い季節にもピッタリですね。

強力な脱毛を体験!湘南美容外科

クリニックの脱毛は、サロンで受けられる光脱毛よりもさらに照射力の高いレーザー脱毛をうけることができます。
医療機関でしか扱えないくらいの強い照射力は、家庭用脱毛器には出せません。

クリニックならば、一回あたりの効果高く脱毛サロンのおよそ3分の1以下の回数で完了するといわれています。

VIO全体の脱毛が1回14,580円!

家庭用脱毛器、脱毛サロンに比べると料金はどうしても高くなってしまいますが、レーザーのなかではとても安く体験ができます。

料金は高く感じますが、レーザー脱毛は半永久的に脱毛ができる威力を持っているので、長い目で見たコストパフォーマンスは優れているといえるでしょう。

自分にあった方法でVIO脱毛をしてみよう!

セルフ脱毛は、家庭用脱毛機を使用すれば誰でも簡単に始めることができます。
ただしいつでもできるとはいえ、施術を継続できなければいつまでもツルツルになれません。

恥ずかしい、またはサロンに行く時間がとれないなら自分で施術したいならセルフ脱毛。
自分でやるのは面倒くさい、または肌トラブルが心配と感じるならばサロンやクリニックにお任せしましょう。

あなたにあった方法で、キレイなVIOラインを目指しましょう!