kasou_banner04

デリケートゾーンがかゆい。
みなさんの中にも、かゆみを感じたことがある方もいらっしゃると思います。

場所が場所だけに、なかなか友達や家族にも相談しづらい悩みです。

今回は、そんな「デリケートゾーンのかゆみ」の原因と対処法を紹介します。

あそこがかゆい…みんなどうしてるの?

デリケートゾーンがかゆい時、みなさんはどうしていますか。
そのままかくわけにもいかないですし、だからといってひたすら我慢ではかなり辛いですよね。
そんな誰にも聞けない悩みは一体どうしたらいいのでしょうか?

デリケートゾーンのかゆみは2人に1人が感じている

このデリケートゾーンのかゆみ、実は、「2人に1人が感じている」といいます。
口には出さないだけで、みなさん結構悩まれているようです。
では、なぜデリケートゾーンが、かゆくなってしまうのでしょうか?

かゆみの原因は?

デリケートゾーンのかゆみにはさまざまな原因があります。
それぞれ具体的に見ていきましょう。

ムレ

私たちが付けている下着やストッキングなどは、陰部をどうしても締め付けてしまいます。
締め付けられる状態が長時間続くと、ムレて汗をかき雑菌が繁殖しやすくなります。
これがかゆみを引き起こす原因になるのです。

生理・オリモノシート

下着やストッキングなどで、ただでさえムレやすい陰部に生理が重なると、汚れたナプキンがさらにムレを「悪化」させる原因になります。汚れたナプキンと肌が摩擦を起こし、かぶれやかゆみを起き起こすのです。

抵抗力がなくなっている

ストレスや疲れで、抵抗力がなくなると肌のバリア機能も低下傾向になります。
その結果、いつもは平気なのに、肌への刺激がダイレクトに伝わりやすくなり、かゆみの原因につながるのです。

カビが増えている

私たちの体の中にいる常在菌の1つに「カンジタ菌」があります。これはカビ菌の一種です。

通常は悪さをしませんが、風邪などで抵抗力が落ちたり、ストレスがたまると、増殖してかゆみを引き起こします。

カンジタ菌が原因の場合は病院へ行き、薬を処方してもらいましょう。

性病にかかっている

性病にかかってしまったことで、かゆみを伴うことがあります。
かゆみを伴う性病は、いくつかあります。

陰部がただれたり、痛みを伴うかゆみなど“通常のかゆみではない”と思ったらすぐ病院に行きましょう。

デリケートゾーンのかゆみ対処法

デリケートゾーンのかゆみは、普段から意識することで抑えることができます。
では具体的にどんな対処法があるのでしょうか?

下着をこまめに替える

ムレて汗をかいたなと思ったら、こまめに下着を替えるように心がけましょう。
また、通気性がよくお肌がムレにくいコットン生地のショーツを選ぶのもムレ対策の1つとして覚えておくとよいでしょう。

ピッタリしたパンツをはかない

陰部を締め付ける原因となるサイズのピッタリしたパンツをはかないことも大切です。
サイズに少しのゆとりがあると、締め付けがなくなるので快適になりムレも防ぎます。
下着のサイズ選びを見直してみましょう。

薬を使う

フェミニーナ軟膏などのデリケートゾーン用の薬を使うのもよいでしょう。
デリゲートゾーンのかぶれやかゆみ専用の薬なので、効果はとても高いです。
ただし、性病やカンジタが原因のかゆみには効きません。

生理用品をこまめに替える

生理用品をこまめに替える替えて、汚れたナプキンとお肌が触れる時間を短くするのもとても有効です。また、生理用品はかぶれにくいコットンのナプキンや布ナプキンを使うのがおすすめです。

デリケートゾーンを清潔にする

目に見えなくても汗で雑菌などが繁殖してかゆみを引き起こしているケースもあります。
ノンアルコールの赤ちゃん用のお尻ふきや専用シートなどで陰部をふくなどしてデリケートゾーンを清潔に保ちましょう。

清潔に保つには脱毛が手っ取り早い?

実は、アンダーへアはどうしても雑菌が繁殖しやすい部分です。
毛があることで、生理の経血や汚れなどが付きやすく、かゆみを引き起こす原因になるからです。

だからデリケートゾーンを清潔に保つには、できればアンダーヘア脱毛をするのがおすすめになります。
デリケートゾーンの脱毛のメリット

外人が悩まない理由は脱毛?

私たちを悩ませるデリケートゾーンのかゆみ。
実はこのお悩みは、外国人にはありません。
その理由は、アンダーヘアの脱毛をしているからです。

彼女たちのデリケートゾーンは、アンダーヘアがなく、「つるんつるん」の状態です。
汚れや雑菌が繁殖しやすいムダ毛自体がないので、かゆみの悩みがないのです。

毛がないことでムレない

アンダーヘアを脱毛することで、汚れや生理の時も経血が付かず、雑菌が繁殖しにくい環境を作ります。ムレないので、陰部を快適に保つことができるのです。
また、アンダーヘア脱毛はデリケートゾーンの臭い対策としても有効になります。

少しの工夫でかゆみ対策!

私たち女性は服装や生理などで、どうしてもデリケートゾーンがムレやすい傾向にあります。だからかゆみ対策には、いつも陰部を清潔な状態にしておくように心がけましょう。
キレイに保つデリケートゾーンのお手入れ方法
“ムレにくい環境を整えてあげる”のが大切なのです。
できることから少しずつ見直していきましょう。