デリケートゾーンの「かゆみ」に、悩んでいる女性は多いようです。

薬事法ドットコムが「デリケートゾーンのケアに関する調査」をしました。

その結果、62%の女性がデリケートゾーンのかゆみに悩んでいることがわかったのです!

この記事では、デリケートゾーン専用商品・かゆみの予防方法・かゆみの原因に合わせて病院は何科を受診するのかなどを紹介します!

参照:薬事法ドットコム「デリケートゾーンのケアに関する調査」

デリケートゾーンのかゆみに効果的な市販薬


忙しくて病院に行けない人も、いるのではないでしょうか。

ドラックストアでも購入できる、デリケートゾーンのかゆみに効果のある商品を紹介します。

フェミニーナ(小林製薬)

デリケートゾーン専用で人気なのが「フェミニーナ軟膏」です。

ドラッグストアでも取り扱っているため、気軽に購入できます。

また、ドラッグストアで購入しにくい人は、Amazonでも購入ができるので利用するとよいでしょう。

 

商品名 商品特徴
フェミニーナ軟膏S クリームタイプ
フェミニーナジェル ジェルタイプ
フェミニーナミスト ミストタイプ

 

参考:フェミニーナ 小林製薬株式会社

ユースキンラフレ(ユースキン製薬)

ユースキンラフレは、肌への負担が少ないかゆみ止めです。

乳液状のクリームですが、べたつかずさらっとした付け心地で人気の商品となっています。

また、保湿成分が配合されているため、デリケートゾーンの乾燥を防ぐ働きがあるのです。

参考:ユースキンラフレ(ユースキン製薬)

メンソレータムフレディメディカルジェル(ロート製薬)

メンソレータムフレディメディカルジェルは、付け心地がひんやりします。

塗布したあとに爽快感がほしい人には、ピッタリの商品です。

参考:メンソレータムフレディメディカルジェル(ロート製薬)

デリケートゾーンのかゆみは、何科を受診したらよいの?


デリケートゾーンのかゆみを改善するために、病院を受診する人も多いです。

しかし「何科を受診したらよいのか」「どんな薬が処方されるのか」など、不安なことも多いのではないでしょうか。

ここでは、受診する科・どんな薬が処方されるのかを紹介します。

女性と男性では受診する科が違う

女性と男性では、受診する科が違います。

女性は、婦人科産婦人科です。
男性は、泌尿器科を受診してください。

病院では、かゆみの原因により治療法が違うため症状を具体的に伝えましょう。

検査の方法は、内診です。
しかし、女性は「おりものを採取する、おりもの検査」が行われる場合もあります。

病院で処方されることが多いリンデロンVG

リンデロンVGは、かゆみに働きかける薬です。

抗生物質を配合しているため、とても強い薬になります。

症状によっても使用量が変わるようです。
そのため、用量・使用方法など医師の指示に従いましょう

 

リンデロンVG
リンデロンVGの特徴 細菌を抑える抗生物質が配合
ステロイドの強さ

(1~5群まである)

3群

※3番目に強い薬

種類 軟膏・クリーム・ローション
副作用 あり

 

乾燥が原因のかゆみはワセリンを塗ってもよい


ワセリンは保湿を目的とした商品です。
デリケートゾーンのかゆみの原因が、乾燥の場合はワセリンを使用できます。

ワセリンは、白いワセリンがおすすめです。
赤ちゃんに使っている人が多いアイテムのため、肌にやさしいのです。

また、ワセリンは皮膚に塗ってください。
粘膜の乾燥やかゆみの場合は、病院で診察を受けましょう!

デリケートゾーンのかゆみの原因は?


デリケートゾーンが「かゆくなる」原因は、いくつか理由があります。

デリケートゾーンは、ムレやすく雑菌が繁殖しやすい部位です。

また、敏感肌・アレルギー体質の人は、とくにかゆみが起こります。

ここでは、デリケートゾーンのかゆみの主な原因を紹介するので、参考にしてみてください。

下着やストッキングによるムレ

下着やストッキングは、デリケートゾーンを締め付けてしまいます。

締め付けると、ムレて汗をかくため雑菌が繁殖しやすい状態になるのです。

生理・おりもの

「生理・おりもの」もかゆみの原因です。

生理やおりものにより、汚れたナプキンがムレを悪化させます。

汚れたナプキンと肌が触れ、摩擦を起こしかゆみやかぶれになるのです。

カビが繁殖している

私たちの身体の中には、カビ菌の一種「カンジダ菌」がいます。

カンジダ菌は、健康な人でももっています。
通常は悪さをしません。

しかし、身体の抵抗力が弱っていたり、妊娠などがきっかけでカンジダ菌が増殖し、かゆみを引き起こすのです。

性病にかかっている

性病が原因で、かゆみが起こることもあります。

デリケートゾーンの皮膚がただれたり、痛みを伴うかゆみの場合は、病院に行きましょう!

デリケートゾーンのかゆみ対処法!


デリケートゾーンのかゆみは、普段から意識し対処することで、抑えられるのです。

具体的にどんな対処方法があるのか紹介していきます。

下着をこまめに替える

デリケートゾーンのかゆみ予防には、通気性をよくすることが大切です。

そのため、下着をこまめに取り替えて通気性をよくしましょう。

通気性が悪いとムレて雑菌が増殖し、かゆみにつながります。

デリケートゾーン専用の薬を使う

デリケートゾーン専用の薬を使うのもおすすめです。

デリケートゾーン専用の薬でも、かゆみやかぶれ専用の薬を選びましょう。

しかし、市販薬は性病やカンジダが原因のかゆみには、効果がないので注意しましょう。

清潔に保ちましょう

デリケートゾーンは、常に清潔に保ちましょう。

汗で雑菌が繫殖し、かゆみを引き起こしている場合もあります。

お尻ふき専用シートなどで、清潔に保ちましょう。

脱毛をすれば「かゆみ」に悩まなくてよい!


かゆみを予防するには、デリケートゾーンを清潔にすることが大切です。

清潔に保つために、VIO脱毛をするのもよいでしょう。

かゆみだけではなく、デリケートゾーンのにおいや黒ずみなどの悩みも改善されるのです!

下記のリンクは、VIO脱毛におすすめの脱毛サロンを紹介しています。
気になる人は、見てみてください。

>>VIO脱毛はキャンペーンで賢く!安い料金で効果を感じよう

デリケートゾーンは清潔な状態にしましょう!


女性は、生理や服でデリケートゾーンがムレやすいのです。

そのため、かゆみ対策には「ムレにくい環境」にすることが大切になります。

デリケートゾーンを清潔に保つように心掛け、かゆみを改善・予防しましょう!

>>見えないところだからこそキレイに。アンダーヘアもお手入れしませんか?