アンダーヘアの脱毛した後に、「デリケートゾーンの黒ずみ」が気になったことはありませんか?

今まで気づかなかったとはいえ、もしわかったらショックですよね。

今日は、そんなデリケートゾーンの黒ずみの原因と解消する方法を紹介しましょう。

脱毛して気が付いた…デリケートゾーンの黒ずみ

今まではアンダーヘアがあったからわからなかったけど、VラインやIラインの脱毛をしてみたら「もしかしてデリケートゾーンが黒ずんでる?」と感じる方は、意外と多いようです。

これはアンダーヘアがあったことで、VラインやIラインが影になっていてわかりにくかったためです。
では、この黒ずみは、一体何が原因なのでしょうか?

アソコが黒ずむ原因は?

デリケートゾーンの黒ずみには、いくつかの原因が挙げられます。
具体的に見ていきましょう。

デリケートゾーンは刺激、摩擦に弱いため

毎日身に着けている下着や衣類と肌が擦れて起きる「摩擦」が原因の1つになります。
デリケートゾーンは皮膚が薄く、とても刺激を受けやすい部分です。

この刺激が毎日続くことで肌の刺激となり、メラニンによってシミや黒ずみとなってしまうのです。

圧迫を受けやすい場所のため

デリケートゾーンは、下着やストッキングなどで締め付けられて、圧迫を受けやすい部分です。
圧迫された結果、お肌にダメージを与えることになり、それが黒ずみの原因になります。

加齢

加齢とともに新陳代謝が悪くなってくると、お肌のターンオーバーは乱れて正常に行われなくなります。
これは、デリケートゾーンにもいえます。

新陳代謝が滞ることで、表皮の生まれ変わりも停滞してしまいます。
すると、色素沈着してしまった古い皮膚がいつまでも表面に残りがちとなり、黒ずみの原因となるのです。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中は「女性ホルモン」の作用でメラニンが沈着するようになって、デリケートゾーンの黒ずみが目立つようになります。

これは、体の防御反応の1つです。
出産を控えて、メラニン色素が、外部のさまざまな刺激からデリケートゾーンを守っているのです。

アンダーゾーンを強く洗いすぎ

黒ずみを消したいためにゴシゴシとデリケートゾーンを洗うことで、それが刺激となり黒ずみを生んでしまうケースです。ゴシゴシと洗うと、お肌にダメージを与えてしまいます。洗いすぎは逆効果なのです。

デリケートゾーンの黒ずみ解消方法は?

では、すでに黒くなってしまったデリケートゾーンを解消するにはどうすればいいのでしょうか?

黒ずみ解消法を紹介しましょう。

石鹸

デリケートゾーンには、デリケートゾーン専用の「ピーリング石鹸」を使いましょう。
こちらは、黒ずみの元になる古い角質を取り、ターンオーバーを活性化させ、それ以上悪化させないようにします。

一般的な石鹸は、合成界面活性剤などが入っているため、その高い洗浄力があります。
そのため、お肌のバリア機能を壊しかねません。
その結果、刺激を受けやすくなり、黒ずみを作る原因になるので使わないようにしましょう。

クリニック(皮膚科)

クリニックでは、レーザーによるホワイトニングがあります。
レーザーは、内側の黒ずみまでキレイに解消できるのが特徴です。

デリケートゾーン専用の炎症が起きない程度の優しいレーザーで、黒ずみの原因となる「メラニン色素」を破壊します。手術は避けたいけど黒ずみを解消したいという方にはピッタリの方法です。こちらは、続けることで効果が現れてきます。

薬(ハイドロキノン)

顔のシミ除去としてもよく知られているハイドロキノンは、「肌の漂白剤」といわれているほど、高い美白効果で知られています。

ハイドロキノンには、メラニン色素を生成するメラノサイト自体を減らし、メラニンの合成を抑える働きがあります。

ただし、デリケートゾーンは皮膚が薄いため、薬剤の濃度を調節しないと、炎症を起こすことにもなります。使うのであれば必ず病院で処方してもらいましょう。

薬局や通販で買える市販商品

手軽に薬局や通販でも手に入るデリケートゾーン用の美白商品も紹介しましょう。

イビサクリーム

ibiza_cream
トラネキサム酸と植物由来成分が、メラニン色素の生成を抑えます。
また、グリチルリチン酸2Kがお肌を整えます。

保湿成分もたっぷり入っており、ターンオーバーをサポートします。
さらに、添加物を全く配合していないので、敏感肌の方も安心して使えるデリケートゾーンの黒ずみ専用クリームです!

>>日本で1番人気!デリケートゾーン専用のイビサクリームはコチラ

ヴィエルホワイト

3つの美白成分と11種類の天然由来成分が含まれています。
保湿、透明感、保護、エイジングケアに効果あるといいます。
ジェルなので少量でよく伸び、保湿効果抜群です。柑橘系の香りにも癒されます。

ホワイトラグジュアリープレミアム

美白成分が「7種類」も入った美白ケアクリームです。
プラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸が入っているので、顔用の美白化粧品並みに成分が充実しています。

ココピュア

ハイドロキノンに匹敵する美白作用を持ちながら、お肌に優しく美白ができる「ビサボロール」が入っています。また、メラニン色素の生成も抑えてくれるので、顧客満足度が高い製品です。

エステ

ci-zエステでは自宅では難しい肌ダメージの少ないピーリングケアを受ける事ができます。

顔に比べてデリケートゾーンの皮膚は厚みがありますので、一般化粧品やセルフケアでの効果はなかなか期待できません。

黒ずみケアができるエステサロンの中でもオススメはシーズラボです。

シーズラボのワキ・ビキニライン色素沈着コースでは、医師開発のオリジナルピーリングケアで肌奥のトラブルまで作用するため、なかなか消えないデリケートゾーンの黒ずみを解消してくれます。

また、効果が非常に高いうえに肌へのダメージはほとんどなく、施術当日からシャワーや入浴も大丈夫です。

>>シーズラボのワキ・ビキニライン色素沈着コースはコチラ!

デリケートゾーンの黒ずみ予防方法!

解消法がわかったところで、今度はデリケートゾーンの黒ずみ予防法を紹介します。
すぐにでもできるので、この機会に見直してみましょう。

下着や衣服を見直して刺激を少なくする

キツい下着や衣服は、摩擦などの刺激になり黒ずみを作る原因になります。
今付けている下着や服のサイズ感を見直して、なるべく刺激を減らす工夫をしましょう。

保湿ケア

デリケートゾーン周辺が乾燥していることで、摩擦が起き、色素沈着になることもあります。
顔と同じようにデリケートゾーンも専用の保湿クリームやジェルなどで保湿ケアしましょう。

規則正しい生活をする

実は、不規則な生活とお肌のターンオーバーは深い関係があるのです。
睡眠不足やストレスがたまると「ターンオーバー」が乱れます。
すると、新しい皮膚に生まれ変わりにくくなるため、メラニン色素が停滞しやすくなるのです。

肌に優しい石鹸を使う

毎日使う石鹸を見直してみるのも効果的です。
お肌の刺激となる合成界面活性剤がない無添加の石鹸やオーガニックの石鹸を使うように心がけましょう。

黒ずみが特に気になるVラインの処理方法はコチラ

日頃から黒ずみケアを心がけよう!

デリケートゾーンの黒ずみは些細なことでも起きてしまいます。
そして、せっかくアンダーヘアをキレイに脱毛しても、デリケートゾーンが黒ずんでいれば魅力は半減です。

そうならないように、予防対策も同時に行い、自分ができる範囲で黒ずみを「内」と「外」からケアしていきましょう。