kasou_bnr07
みなさんはVIOの形はどうしていますか? アンダーヘアの処理では自分で行う、定期的にサロンへ通うなどさまざまな方がいらっしゃると思います。

一言でアンダーへアの形といってもさまざまな形があります。
そんな今回は「人気のアンダーヘアの形」をご紹介しましょう。

アンダーヘアの形は自由に選べる!

アンダーヘアの形は、とてもバリエーション豊かです。
自分の好みで、いろいろな形を選べるのです。
定番の逆三角形をはじめ、スクエアやオーバル、Iライン、ハートやスター、毛を全部なくしてしまうハイジニーナなどがあります。

また、形だけではなく、残す毛の濃さを「調節」することも可能です。
剛毛の人は毛の量を減らすだけでも、見た目が変わってきます。

実際に人気のVIOの形を紹介!

では、実際のVIOの人気はどんな形なのでしょうか?
それぞれを見ていきましょう。

Vラインの形人気ランキング3!

アンダーヘアの中でも1番処理する方が多いのが「Vライン」です。
その形を人気ランキングにしてみました。

①トライアングル

“最も自然に近い形”ですが、キチンと処理している印象です。
いかにも「処理しています」という感じがありません。
Vライン脱毛の初心者や旅行先などで人目が気になる人によい形です。

②オーバル

こちらは、トライアングルよりしっかりと処理している印象になります。
丸みを帯びた縦長の楕円形が女性らしくて上品です。
しっかりと処理したけどナチュラルに見えることが人気なようです。

③Iライン

トライアングルやオーバルよりも毛が残る面積が少なくなります。
だから小さめのビキニや過激なデザインのショーツにも安心な形です。
しかし、トライアングルやオーバルのような自然な見た目ではありません。
上級者向けといえます。

こんなのも?個性的なVラインの形

Vラインの形には、個性的なスターやハートなどもあります。

ハートは逆三角形の真ん中部分をカットして作れます。
スターは多少の技術が必要なので、サロンに相談するのがよいでしょう。

しかし、温泉などにこれらのデザインで行くのは厳しいかもしれません。

Iラインは全部脱毛する!?形はどうする?

みなさんは「Iライン」の処理をどうされていますか?
実は、Iラインを全部脱毛すると、生理の時にムレにくくなるので快適になります。

Iラインは前から見た時にVラインの延長として少しだけ見える部位になります。
そのため、Iラインを全部脱毛するとVラインだけが「ポンッ」と浮いているように見えて、不自然になりがちです。

自然な形を求めるなら、「VラインからIラインにかけて、徐々に毛をなくしていく形」がおすすめです。

Oラインは全部処理していいの?

では「Oライン」の毛はどうしたらいいのでしょうか?

個人差はありますが、Oラインの毛はVやIと比べて毛量が少なめです。
そのため、Vラインのように目に付きにくく、処理を忘れがちな部位です。

一方で男性の6割が女性のOラインのムダ毛が気になるといいます。
男性には結構見られているようです。
そのため、男性の目を気にないためにも衛生的にもすべて脱毛するのがおすすめです。

実際にすべてなくしてツルツルの人も多い?

日本では、温泉などで人目に触れる機会があるので少数派ですが、アンダーへアをすべてなくす方もいます。海外ではこの全処理(ハイジニーナ)が主流です。
詳しくはこちらへ。

自宅でVIOの形を整えるには?

一般的に自己処理=カミソリというイメージがあります。
しかし、自宅でVIOの形を整えるなら、「電気シェーバー」を使いましょう。

デリケートゾーンは肌が柔らかく、皮膚も薄い部位になります。
そのため、一般的なムダ毛処理用のカミソリだと、カミソリが自由に動かせません。
そうなると皮膚が刃に巻き込まれたり、引っかかったりして、傷やカミソリ負けを起こしてしまう恐れがあるのです。

電気シェーバーならば、刃が直接皮膚に当たらないようになっているため、安全にムダ毛を処理できます。

また、事前に長すぎる毛はカットしておくと作業しやすくなります。
処理中は、手鏡で部位を見ながら作業するのが失敗しにくくておすすめです。

おすすめ電気シェーバー

ではここで、手軽に使えるおすすめの電気シェーバーをご紹介しましょう。

パナソニック サラシェ

2種類の長い毛用の刃と深剃り用の刃が付いており、小ぶりなので動かしやすいシェーバーです。
そのため、VラインはもちろんのことIラインやOラインにも対応可能です。

刃自体も伸びるので、とても剃りやすいこともあります。
2000円ほどで購入できます。

あなたのお好みの形は?

あなたのお好みのアンダーヘアはどの形でしたでしょうか?
アンダーヘアの形は定番から個性的な形までさまざまあります。

もし自己処理をするならいろいろな形に挑戦しやすいのがよい点です。
通常は、定番のトライアングルにしておいて、彼と会う時だけハートにしてもカワイイですよね。

また、多少の形づくりに失敗してもまた生えてくるという安心感もあります。
サロンでVIO脱毛をするのが恥ずかしいという方も、自宅で脱毛できるのは大きなメリットになるでしょう。