自分のOライン(肛門周りの毛)がどのくらい生えているかご存じですか?
普段自分からは見えないのでムダ毛処理を忘れがちな部位ですが、実はパートナーなど周りの人にとっては意外と気になってしまう部分でもあります。

最近ではVIO脱毛が世の中に浸透してきて、女性だけでなく男性もOライン脱毛をしているほど人気が高まっています。

しかしいざOラインの脱毛をしたいと思っても「人に見せるのは恥ずかしい」「デリケートゾーンだから痛みがこわい」「料金が高いのでは?」…など気になる点があり、勇気を出せない人も多くいるのが実情です。

そこで、今回はOラインを脱毛するメリット、実際のOライン脱毛のやり方、オススメのサロン・クリニックなどについてお伝えします。

まだOライン脱毛をしていない人も、そのメリットを知れば、きっとOラインの処理がしたくなりますよ。

やらないと損!?Oライン脱毛のメリットとは

Oラインの毛は、はっきりいってなぜ生えるのか疑問なほどいらない毛なので、断然脱毛することをオススメします。
Oラインを脱毛するメリットは、大きくわけて3つあります。

生理やトイレの後もおしりを衛生的に保ちやすくなる

生理の時の経血や、トイレの際に拭き取れなかった汚れが毛に付くと菌の温床になります。
さらに毛が水分を含みデリケートゾーンが蒸れることによって、菌が増えるという悪循環に陥ります。

菌が繁殖しているOラインは、ニオイや肌の炎症を引き起こしてしまう原因になります。

そこでOラインのアンダーヘアをなくしてしまうことで、毛に汚れなどが留まることがなくなるため、衛生的に保てるのです。

パートナーに喜ばれる

冒頭でもお伝えしましたが、Oラインは普段自分からは見えなくても、パートナーからは意外と気になる部分でもあります。
せっかくほかのムダ毛をしっかり処理していても、Oラインだけモジャッとしてればちょっとゲンナリしてしますよね。

Oラインをキレイにしていれば、「見えないところまで気を使ってる」あなたの印象はより良くなるでしょう!

Tバックスタイルもキレイにキマる

Tバックなど露出の高い水着や下着を着用する場合は、毛が見えるとセクシーさも台無しに。

Oラインを脱毛することでおしりからムダ毛がはみ出る心配が要らなくなり、さまざまなタイプの衣服を着こなせるようになります。

セクシースタイルに挑戦したいなら、Oラインの脱毛は必須です!

体勢・痛み・料金は!?Oライン脱毛の実態

Oライン脱毛は衛生面でも見た目でも、施術して損はないといえるでしょう。
ですが、恥ずかしさや不安がありOライン脱毛への一歩がどうしても踏み出せない…という人も多くいます。

そこで、Oライン脱毛の気になる施術時の体勢、痛み、料金の相場などを詳しくお伝えします。
施術の実態を知れば「大丈夫かも?」と感じるかもしれませんので、参考にしてみてください。

Oライン施術時の体勢や恰好

Oラインを施術するときの体勢は、大体うつ伏せ四つん這いです。
ラップタオルを着用または身体にタオルをかぶせ、Oライン以外の身体は見えない様にタオルをずらしながら施術します。

スタッフは1~2名体勢で、手でおしりを広げながら照射をしていきます。

Oライン脱毛が恥ずかしいのは最初だけ?

Oライン脱毛への不安要素として一番きかれるのが「恥ずかしい」という意見ですが、もし躊躇している理由が恥ずかしいということならば気にする必要はありません。

施術スタッフはプロですし、何人も施術を経験していて他人のOラインも見慣れています。
至って淡々と施術し10分程度で終わるので、施術が終わった時には取りこし苦労だったと感じることでしょう。

恥ずかしいからといってキレイになるチャンスを逃すのはもったいないです。
一度勇気を出してOライン脱毛をはじめてみましょう!

Oライン脱毛の痛み

基本的にVIOゾーンは皮膚が薄く、痛みを感じやすい部位です。
一般的にはIラインが最も痛みが強く、次にOライン、Vラインが痛い傾向にあります。

口コミや体験談を見ると『泣くほどではないけど、思わず声が出てしまうくらい痛い』という感想をもった人が多いようです。

ただ痛みには個人差がありますし、痛いとはいえ照射時間は10分程度と短いので、それほど心配する必要もないでしょう。

Oライン脱毛料金の相場

OラインはVIOのなかでも脱毛範囲が狭いため、比較的安い料金で施術できます。
1回あたりの料金はサロンだと3,000円前後、クリニックだと5,000円前後になります。

どの部位もクリニックの方が比較的高いですが、施術回数は少なくすむので結果的にオトクになるというパターンもあります。
どちらが自分に合っているか色んなお店を比べて決めてみてください。

男性向けもアリ!Oライン脱毛サロン・クリニック

では、実際にOライン脱毛でオススメのサロンやクリニックをご紹介します。
Oラインは手の届かない範囲のため、無料でシェービングサービスをしてくれるお店も多くあります。
また、男性が気軽に行けるメンズサロンもご紹介しますので、比較検討してみてください。

とにかく安い!ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムでOラインを施術するには、「フリーセレクト美容脱毛コース」のSパーツを選択します。
それぞれ8回施術ができ、両わきとVラインの脱毛完了コース(脱毛し放題)もついてきます。

また、施術の予約ができる「ミュゼパスポート」というアプリをダウンロードすると通常価格から50%OFFで施術ができます。
プランは、平日12~18時限定のデイプランにするとさらに割引されます。

通常価格(税抜) アプリDL後
レギュラープラン 36,000円 18,000円
デイプラン 30,000円 15,000円

アプリとデイプランを適用すれば1回1,875円で施術ができますので、他のサロンに比べてもとても安くOライン脱毛ができるサロンです。

また、ミュゼはOラインの剃り残しがあった場合は無料でスタッフがシェービングしてくれますので、追加料金も特にかかりません。

≫ミュゼの公式サイト≪

痛みが少ない!ディオーネ

「ディオーネ」では、肌に優しい「ハイパースキン脱毛法」を採用しています。
この脱毛法は痛みがなく、美肌効果まで実感できます。
また、敏感肌や肌のダメージが気になる方でも受けることができるのです。

ディオーネでOラインを施術するなら、以下の値段になります。

6回 18,000円
12回 30,000円
追加1回 2,500円

12回コースの場合は1回あたり2,500円になるので、ミュゼと比べると割高になります。
ディオーネも無料でシェービングサービスがつきます。

痛みに弱く、痛みに耐えられるか心配だという方にオススメのサロンです。

≫ディオーネの公式サイト≪

いち早くツルツルに!アリシアクリニック

照射力の強いレーザー脱毛なので、サロンの光脱毛よりも脱毛効果が早く感じられます。
その分料金は高くなりますが、サロンよりも少ない施術回数でツルツルになれます。

5回 27,500円
8回 39,600円
脱毛し放題 52,800円

8回プランだと1回あたり4,950円で施術ができます。
アリシアクリニックは「ライトシェア・デュエット」という脱毛器を使用しており、レーザーのなかでも痛みが少ない施術ができます。
また、剃り残しは無料でシェービングしてくれます。

≫アリシアクリニックの公式サイト≪

メンズサロンならRINX

RINXは男性用の脱毛サロンでスタッフは男性なので、気を遣わずに脱毛できます。

今なら、「陰部スッキリプラン」で施術料金が35%OFFで受けられます。
また、初回限定で通常価格の50%OFFで施術が受けられるので、男性の脱毛デビューにもピッタリです。

通常価格 キャンペーン
初回お試し1回 14,700円 7,350円
4回 46,000円 30,000円
8回 92,000円 60,000円

キャンペーンを適用しても1回あたり7,500円するので、ほかのサロンに比べると少し高めの設定になっています。

8回以上施術をしたい場合は、1回価格の80%OFFでずっと施術できる保証サポートがあるので、1回2,940円とオトクに脱毛できます。

≫リンクスの公式サイト≪

Oラインの自己処理はオススメしない理由

やっぱり恥ずかしいから自己処理したい、と考える方もいると思いますが、自己処理はあまりオススメできません。
その理由について説明します。

処理が難しくキレイにできない&炎症の危険性も

Oラインを処理する場合は、足を開いてしゃがみ、床に置いた鏡を見ながらシェービングします。
鏡を見ながら行う処理は難しく、手探りで行ったら誤って傷つけてしまいかねません。

Oラインを傷つけてしまったら、炎症を起こすこともあります。
すると、メラニンが沈着してしまい黒ずみの原因になってしまうのです。

また、当然毛を剃っているだけなので短いスパンでまた生えてきます。
何度も自己処理を繰り返すことになるので、面倒なうえさらに肌を傷付けるリスクが高まってしまいます。

もし処理をするなら電気シェーバーかヒートカッターで

もしOラインを処理するなら、なるべく地肌を傷つけない電気シェーバーかヒートカッターをオススメします。

どちらもセーフティーガードが付いていて深剃りできなくなっており、肌に優しく処理ができます。

ヒートカッターの場合は、一度に処理できる量が少ないですが、毛を焼き切るので毛先がチクチクすることがありません。

除毛クリームや毛抜きは肌荒れの恐れアリ

Oラインの自己処理には、脱毛クリームや毛抜きの使用はオススメできません。

除毛クリームに含まれるチオグリコール酸カルシウムは肌への刺激の高い薬品です。
特にOラインは刺激に弱く、肌荒れをおこす危険性があります。

また、毛抜きの使用は埋没毛の危険があり、悪化すると毛穴に膿ができる毛嚢炎(もうのうえん)を発症させてしまう恐れがあります。
ブラジリアンワックスも同様に毛を抜く処理方法のため、要注意です。

Oラインのムダ毛は必要性ゼロ!完全に脱毛しちゃうのがおすすめ

「OラインはV、Iラインとは違って、人に見られる機会はほとんどないだろう」

そう思っている人もいると思います。

でもOラインを脱毛することで、いざという時に困りませんし、衛生的にとても楽になりますよ。
この機会にぜひ、エステやクリニックで脱毛をしてみてください!