kasou_bnr_15

アンダーヘアの処理方法はシェービング、カット、ワックス、脱毛クリームなど様々な方法がありますが、最もカンタンでキレイに整えられる方法はVIO脱毛です。

海外の影響を受け、日本でも一般的となったVIO脱毛。
今では施術している人も増え、日本全国に数多くの脱毛サロンや医療クリニックがありますが、予約がなかなかとりづらい状況になっています。

そんな人気のVIO脱毛ですが、最大のネックは痛みが強いこと。
痛みのせいで、施術を諦める人がいるほど、軽視はできない問題なのです。

そこで今回は、そんな“VIO脱毛の痛み具合と軽減法”についてまとめます。
あなたに合った対策方法を見つけて、VIO脱毛でキレイなデリケートゾーンを手に入れましょう!

VIOラインの脱毛の痛みは体の中でトップクラス!

デリケートゾーンの毛は、1本が1本が濃くて太く、密集しています。
さらに、皮膚が体の中でもっとも薄くて柔らかく、神経が集まっている部位なので、痛みがダイレクトに伝わりやすいのです。

その痛みは、よく「輪ゴムでバチッと弾かれたみたい」だと例えられます。
基本的に、腕や足など体のパーツのなかでは、トップクラスに痛いと考えておいた方が良いでしょう。

また、部位による痛みだけではなく、施術方法によっても痛みの度合いは大きく変わります。

光脱毛より医療レーザー脱毛の方がすごく痛い

脱毛サロンと医療レーザー脱毛は、使用している脱毛器が違います。

脱毛サロンで施術できる「フラッシュ脱毛」あるいは「光脱毛」は、医療施設で使える脱毛器と比べるとレーザーの出力が弱いという特徴があります。
そのため、1度に毛根を破壊することはできず、10回以上通う必要がありますが、その分肌へのダメージを最小にできます。
つまり、脱毛サロンの方であればVIOもさほど痛みはありません。

一方、医療レーザー脱毛はどうかと言うと、高い出力のレーザーで毛根を壊すことができるので、一度でも高い脱毛効果を発揮できます。
レーザーの威力が強い分、施術後は肌が赤くなったり、ヒリヒリするといった人もいます。
VIOのような薄い皮膚の部分に照射する場合は特に、痛みを訴える人が多くなります。

実際にどれくらい痛いの?

脱毛エステよりも、美容外科やクリニックで行える医療レーザー脱毛の方が痛い、ということがわかりました。

しかし、エステでもクリニックでも、VIO脱毛は今もっとも注目されている脱毛コース。
デリケートゾーンの脱毛は、実際にはどのくらい痛いのでしょうか?

VIOの部位ごとに見てみましょう。

Vライン

VlOラインの中では、粘膜ではない分、比較的痛みは少なめです。
痛みは、IやOのように鋭い痛みではなく、鈍い痛みを感じることが多いです。

Iライン

神経が集中しており、粘膜というとてもデリケートな部分なので、“一番鋭い痛みが強く出る部位”です。

Oライン

Iライン程ではありませんが、粘膜なのでやや痛みを感じる程度になります。
毛もまばらで痛みはそこそこです。

なかには、歯を食いしばって耐えたり、冷や汗をかいたり、泣きながら照射される人もいます。しかし、こうした痛みには個人差があり、毛の濃さや部位ごとでも変わってきます。

痛みを軽減する方法とは?

少しでも痛みを軽減させるには、“脱毛する前に患部をよく冷やす”と皮膚自体が麻痺状態になるので、痛みを感じにくいのでおすすめです!
しかし、痛みは人によって違います。どうしても痛みに耐えられないなら「麻酔」をするのも1つの方法です。

また、体調が悪い時は脱毛を避けましょう。体調が悪いと皮膚も特に「デリケート」になります。痛みがいつもよりダイレクトに感じる可能性もあります。脱毛をする時は覚えておくとよいでしょう。

医療レーザー脱毛でできる「麻酔」とは?

医療レーザー脱毛で、高い効果を求めてVIOラインの脱毛をする人は多くいます。
しかし、やはり医療レーザー特有の痛みは不安なもの。
そのため、多くのクリニックでは「麻酔」を用意しています。

どのような麻酔で、いくらくらいかかるものなのでしょうか?

笑気麻酔(ガス麻酔)

鼻や口から吸引するタイプの麻酔です。
吸引している間は頭がふわふわと(お酒に酔った感じとも)して、痛みを感じにくくなります。
また、痛みへの不安や恐怖感も取り除けるため、痛みが不安でたまらない、といった人にお勧めです。

この麻酔の副作用はほとんどなく、万が一の事故がないように、病院側でも少しずつガスの濃度を上げるなどの対応をしています。

麻酔クリーム(皮膚麻酔)

肌に塗るタイプの麻酔です。
塗ってから麻酔効果が出てくるまで30分程度時間を置く必要があります。

脱毛法別!痛くないランキング6

実は、VlOの脱毛は方法によって痛みが変わります。
VlO脱毛を受けられるサロンと共に詳しく見てみましょう。

①ハイパースキン脱毛

今生えている毛そのものではなく、これから毛になる種自体に光を当て、発毛因子自体を破壊します。

これは脱毛サロンのディオーネでできる「全く痛みのない」新しい脱毛法です。
毛の減量や抑毛を目的としていて、毛になる状態の前の種に作用することで、“毛そのものを作りにくくする”のです。

②S.S.C脱毛

脱毛ラボやミュゼで行われているのが「S.S.C脱毛」という脱毛法です。
抑毛効果があるジェルを塗り、毛に光を当てることでダメージを与えて脱毛する方法です。

痛みはほとんどありません。徐々に毛を細くしていくと同時に、ジェルには美肌効果があるので、お肌もキレイになります。

③IPL脱毛

銀座カラーやエピレで受けられる脱毛法が、毛のメラニン色素のみに反応する光を使ったIPL脱毛。痛みは少なく、「輪ゴムで弾かれるような程度」です。

黒い毛だけに反応するので、“太い毛でも産毛のような細い毛にもしっかりと作用”し、抜け落ちます。

VIO脱毛もほぼ、痛みがなく快適♪エピレのVIO脱毛

④ダイオードレーザー脱毛

光を当てるのと同時に冷却も行うので、「火傷しにくく痛みも感じにくい」脱毛方法です。
また、通常では脱毛が難しいとされるメラニンが多い日焼け肌にも対応しています。

ダイオードレーザー脱毛は医療レーザー扱いになるので、城本クリニックや高須クリニックなどで受けられます。

⑤アレキサンドライトレーザー脱毛

熱で毛のメラニン色素にダメージを与えて、毛根を壊す脱毛法です。

すぐに冷却ガスで肌を冷やしますが、慣れるまでは少し「痛み」を伴います。
シミやシワにも作用したり、毛穴を引き締める効果もあります。
東京美容皮膚科クリニックなどで受けられます。

⑥ニードル脱毛(TBC)

昔からある毛穴に針を差し込んで電流を流し、毛根を破壊する脱毛法です。

針を刺すのでチクッとした痛みと電流が流れた時にも「痛み」を感じます。毛穴に直接作用するので“埋没毛や色素沈着している部分”にも使えます。
TBCなどで受けられます。

痛さのない脱毛ならディオーネのハイパースキン脱毛

紹介した脱毛法の中でもハイパースキン脱毛は、毛を抜くという行為やレーザーの照射などの色素沈着もないため、肌に負担がかかりにくく、敏感肌の方にも安心です。

毛が抜けた後の毛穴やこれから生えるであろう毛穴だけに特殊な光を当てるため、「全く痛みも感じず安全に脱毛」ができます。
「痛みを感じるのはイヤ!」という方には特におすすめです。

先ほども触れたように、痛みを感じない方法の1つとして、麻酔という選択肢もあります。

しかし、吸引する笑気ガスやクリームなどの麻酔は「医療脱毛」扱いになり、脱毛エステでは受けられません。専用のクリニックに行きましょう。

ハイパースキン脱毛と医療脱毛、どちらの方法にしても痛みに弱かったり、痛みを感じたくない方は一度医師に相談してみるのがよいでしょう。

番外編:とにかく痛いブラジリアンワックス

VIO脱毛では欧米で一般的なのがブラジリアンワックスです。
毛に直接ワックスを付けて、毛根から「ベリッ」と剥がす脱毛法で、とにかく痛いのが難点です。

欧米人は、アジア人のようにメラニン色素が多くないので、金色に近い毛色や日焼けした肌には反応がしづらいレーザー脱毛は不向きなんですね。

自分に合ったVIO脱毛をチェック!

このように、VIO脱毛だけでもさまざまな方法があります。
また、人によって毛の太さや毛量も違うので、痛みの感じ方も違います。

痛みに弱い方や痛いのががまんできない方は、ぜひ「ハイパースキン脱毛」や麻酔を使う「医療脱毛」を試してみてはいかがでしょう。

施術を受ける前に、比較検討するのはもちろん、医師や担当者と相談して、自分にピッタリなアンダー脱毛を探してみましょう!