肌を美しく見せるためには無駄毛を処理するのはとても重要ですし、無駄毛をそのままにしておくと見た目にも不潔に見える場合やケアが出来ない人と言う印象を与えることになります。

そのため特に肌を露出する季節に向けては脱毛を行うと言うことが当然と言えますし、見えない部分にも気を配り綺麗な状態に保つことも必要となります。

腕や足といった部分だけでなく無駄毛が生えてくるのはデリケートゾーンのVIOと呼ばれる部分にも生えてきますし、その部分の処理は自分ではなかなか難しいので脱毛サロンを利用して処理してもらうのが安全であり確実な方法となります。
このVIOと呼ばれる部分を正しく理解しておかないと自分で考えていたのとは異なった仕上がりになる場合も有るので、脱毛サロンを利用する場合はVIOの範囲がどこまでなのかを理解した上で利用する必要があります。

VIOにおけるVラインとは?

VIOという呼び名は脱毛する部分の形に由来しており、Vラインと呼ばれる部分はお腹の下あたりから足の付け根のあたりを結んだトライアングルの部分が対象となります。
下着を着用したり水着を着た際にちょうど隠れる部分がVラインと呼ばれる場所となるので、目安としては下着などからはみ出している毛を処理すると考えると分かりやすいでしょう。

Vラインの無駄毛を処理することで、水着などを着用した際にはみ出しを防止できますし、下着を脱いだ際の見た目も美しく整えることでデザイン性の高いVラインにすることも出来ます。

通常は人目に触れない場所ですので中にはVラインの処理をする必要性を感じない女性も少なくないと思います。
しかし男性からしてみればVラインを処理しているかどうかもチェックしていると言えますし、綺麗なVラインを維持している女性に対しては好印象を抱くこともあります。

Vラインの処理はとても重要な意味を持つと考えた方が良いでしょう。
Vラインが汚い状態だと雑菌が繁殖し臭いを発する原因にもなりますので、単に美しく整えるだけでなく周りに臭いなどの悪影響を与えないためにもVラインを綺麗にしておくことは必要な事ですね。

VIOのOラインとは?

VIOのOラインはVラインとは場所が異なり、主に肛門の周りやおしり側がOラインの範囲となります。
Vラインは正面から見た場合の状態を綺麗に整える役割があるわけですが、Oラインは完全に下着や水着に隠れてしまう場所なのでVラインに比べると脱毛しない人も多い場所となります。

しかもOラインは自分で脱毛処理するのが非常に難しい場所であり、自分の目で見ながら処理が出来るVラインとは異なり視覚的に処理することが出来ない部位と言えます。

そのため自己処理する場合には勘を頼りに処理するしか方法がないため、自己処理して失敗したり怪我をすることも考えられます。

脱毛サロンではOラインを担当スタッフに処理してもらえますので無理なく安心して脱毛をすることが出来ますし、Oラインの無駄毛は自分でも気づかないうちに伸びていたり、場合によっては下着や水着からはみ出している場合も有るのでVラインを処理するのであれば一緒に処理したい部位と言えます。

実際に脱毛サロンでVラインを処理した場合には、Oラインも気になり始め処理を追加するケースも多いため、サロンのプランにはVラインとOラインがセットになっている場合も多いと言えます。

わかりにくいIラインはどこまでを脱毛する?

VIO脱毛の中でもIラインは特に慎重に脱毛を行わなければいけない部位となります。

Vラインの場合は足の付け根やお腹の下あたりなので皮膚もしっかりしていますし、Oラインに関してもおしりや肛門周りなので脱毛する際に特に問題が生じることはありません。

しかしIラインに関してはVラインとOラインのちょうど中間に位置する女性器周辺となるため、皮膚も敏感ですし粘膜もすぐ近くにあるので脱毛する際には細心の注意を払わなければいけない部位となります。
どこまでがIラインで脱毛可能なのかと言えば、基本的には粘膜に達しない皮膚が対象個所となり、粘膜に関しては脱毛サロンだけでなく医療脱毛の場合でも処理をすることが出来ません。

これは粘膜の部分はそれだけデリケートであり、脱毛処理をしてしまうことでトラブルが生じる可能性が高い為です。
基本的には股の両サイドをIラインに定めている脱毛サロンが多いですが、この範囲に関してはサロンごとに微妙に異なっていることも多くあります。

はみ出している部分だけをIラインとして処理するサロンもあれば、粘膜以外の部位全てをIラインの範囲として設定しているサロンもあります。
そのためIラインの脱毛を考えているのであればまずサロンにIラインがどこまでなのかを確認してから申し込みをする方が良いでしょう。

もし確認しないまま脱毛をお願いしてしまうと、仕上がりが納得できないといったトラブルにも発展するので、余計なトラブルや他のサロンで再度Iラインの脱毛をすることにならないためにも確認だけは怠らないようにする必要があります。

VIO脱毛で、事前に自己処理をするときはどこまで行えばいい?

VIO脱毛を行う場合、ほぼ必ずといっていいほど事前の自己処理をすることをお願いされます。
これは事前処理をすることでVIO脱毛をスムーズに行うために必要な処理で、事前処理をしないまま来店した場合脱毛をしてもらえないということも考えられます。

そのため自分で自己処理を行い脱毛に備える必要があるわけですが、この自己処理はどの程度まで行えばいいのでしょうか。

VIOの部位は場所によっては自分で見えない部位もありますし、肌が敏感なため自己処理することで肌トラブルが生じるリスクもあります。
脱毛前の自己処理は、自分の目に見える範囲を処理すればOKだと考えておくと良いでしょう。

Vラインの自己処理を行う場合は自分の考えている形に添って自己処理をしておくことで、Vライン脱毛の際にその形を残しつつ無駄毛を処理することが出来ます。
Oラインに関しては自己処理するのが難しい場所なので、無理に処理をする必要はありません。

もし無理に自己処理を行い肌を傷つけてしまうと脱毛サロンでの脱毛が怪我のため出来なくなる可能性もあるためです。もし可能であれば見える範囲のみ処理をしておけばOKです。

Iラインの場合も無理な自己処理は粘膜を傷つけてしまうことにもなるので、見える範囲のみを処理しておけば脱毛サロンでの処理は可能となります。

自己処理を行う場合には出来るだけ前日に行うのがベストとなります。
これは早い段階で自己処理してしまうとサロンに行くまでに毛がまた伸びてしまうことになるので、それを防止するためにも前日に処理するのがベストだと言えます。

サロンによっては範囲が異なることも…事前の確認を忘れずに!

VIO脱毛は他の部位に比べて非常にデリケートですし、自分では処理するのが難しい部位でもあります。
そのため無理に自分で無駄下処理するのではなく脱毛サロンにお願いする方が肌のためにも安心ですし余計な怪我などを回避することにも繋がります。

脱毛サロンでVIO脱毛をする際にはかならずカウンセリングをしっかりと行い、自分の意志をサロン側に伝えることが重要なポイントとなります。
それとどこまで脱毛できるのかも理解して、自分の希望に合うサロンをチョイスすることも満足度をアップするために必要となるでしょう。