kasou_bnr_17

もうずいぶん前になってしまいますが、VIO脱毛の存在を知ったときの衝撃は、なかなかのものでした。

お友達とも話題になりましたし、まずどうやって?どんな格好で?というのも疑問でしたが、そもそも「なぜ、デリケートゾーンの脱毛を?」というところからです。

しかし今やVIO脱毛は「ハイジニーナ」と呼ばれ、特に不思議でもなく一般的な脱毛の一つというとらえ方をされています。
確かに勇気はいるものの、もし金額や時間などで折り合えば、挑戦したいと思っている女性はたくさんいると思います。

まずは水着のときなど、思わぬ恥をかくなんてことがなくなります。
それと何より「ハイジニーナ」(衛生)という言葉の由来通り、デリケートゾーンのムダ毛がないというのは、非常に清潔。

陰毛は縮れて長く生えていますので、汗や分泌物などをからめて、臭いなどを残しやすくし、蒸れたり、汚れがたまったりと下着の中は不衛生な状態が続いています。
女性は生理中の臭いなども気になりますが、そういう不快感も軽減されます。

vio0004

一方で、まだまだVIO脱毛をしている人を受け付けない人たちもいるのは確かです。
特殊な仕事をしているのではないかと、勘違いされ彼氏にふられてしてしまったなどと言う場合もありますし、温泉や公共のお風呂などで、年配の方たちに好奇の目で見られたという人もあります。

また、年齢を重ねると肌がたるんでくるように、デリケートゾーンの皮膚もたるんできますが、その部分の毛がないことで、そのたるみが目立ってしまうこともあります。

しかしそのような不安も、施術前のカウンセリング時にスタッフの方に相談すると、Vラインの毛を少し残して脱毛するという対応をしてくれます。Vラインの毛が残っていれば、脱毛しているようには見えませんから、脱毛をしてしまったあとに後悔する、なんてこともないと思います。

ただやはり、彼氏なり夫なりといったパートナーの意見は大切です。せっかく頑張って脱毛しても、パートナーに理解してもらえなかったら残念ですよね。
まずはデリケートゾーンの脱毛をしたいと、身近な方に話して、了解を得ることから始めましょう。